Pocket

山崎賢人,映画,実写化,多い,一覧,作品,

『キングダム』映画公開が待ち遠しい人気俳優である山崎賢人さんの映画実写化がやたら多いしやりすぎだと話題になっています(笑)

山崎賢人さんはなぜ映画実写化が多いのでしょうか。

これまでの山崎賢人さんが出演した映画実写化作品一覧をみながら、山崎賢人さんの映画実写化が多い理由を検証してみましょう!

Sponsored Links

山崎賢人の映画実写化が多いのはなぜ?

ここ数年でドラマや映画に急激に人気が出てきている俳優・山崎賢人さんですがなぜか漫画の実写化をさせた映画出演が多い事が話題になっています。

山崎賢人さんはなぜ映画実写化の出演が多いのでしょうか。

Sponsored Links

需要が膨らむ漫画を映画で実写化

一年間で放映される映画の中でも近年膨らんでいるのが漫画の実写化です。

その中でも人気急上昇中の俳優・山崎賢人さんが主演を務める作品が増えてきています。

では、なぜ漫画の実写化が人気をはくしているのでしょう。

それは、元々人気のある漫画を映画化させる事により、興行収入をある程度見込めるという利点があるからです。

更に、元々ファンがついている漫画作品を人気俳優や女優が演じる事によって相乗効果が見込めるといった利点もあります。

山崎賢人,映画,実写化,多い,一覧,作品,

山崎賢人の映画実写化が話題に!

人気漫画の映画化で一番のリスクは、出演俳優と漫画のキャラのイメージの違いですね。

特に元々人気のあった漫画を映画実写化させるとなると、漫画のファンが映画出演する俳優と実際の漫画のキャラクターの違いなどが許せないといったケースはよくある事です。

これまでも人気漫画を実写化させ多額の広告費をかけて宣伝を下にも関わらず不評だった事例もたくさんあります。

そういったリスクを踏まえても山崎賢人さんを器用する理由は一つです!

山崎賢人さんが実写化した映画に出演するとなると、大きく話題になるのが明確な理由と言えるでしょう。

山崎賢人,映画,実写化,多い,一覧,作品,

山崎賢人出演の映画実写化で大ゴケ

過去に山崎賢人出演で放映された実写化映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』ですが、大コケしたと言われていますね。

当時、共演した女優・剛力彩芽の話題性も問題視されていましたが、共演する女優も映画実写化の評判や興行収入を左右するのではないかと考えられますね。

山崎賢人,映画,実写化,多い,一覧,作品,

山崎賢人の映画実写化やりすぎ説!作品一覧

山崎賢人が映画実写化に出演する回数があまりにも多いので作品一覧をまとめてみたいと思います。

2014年4月公開:L・DK 剛力彩芽共演

2015年7月公開:デスノート(ドラマ版)

2015年9月公開:ヒロイン失格 桐谷美玲共演

2015年12月公開:orange

2016年5月公開:オオカミ少女と黒王子 二階堂ふみ共演

2016年公開:四月は君の嘘 広瀬すず共演

2017年2月公開:1週間フレンズ 川口春奈共演

2017年8月公開:ジョジョの奇妙な物語

2017年10月公開:斉木楠雄のψ難

これだけの作品に出演している山崎賢人ですが、確かにやりすぎと言われるのも無理はないですね。

しかし、なぜこれだけ映画実写化作品にオファーがあるのかというと、個人的にその理由の一つとして有名人気女優との共演があると考えています。

というのは、人気女優達との相性やバランスを考慮すると、確かに山崎賢人さんはバッチリなんですね。

更に、山崎賢人だからこそ映画実写化に採用される理由を割り出してみました。

山崎賢人,映画,実写化,多い,一覧,作品,

山崎賢人が映画実写化するのは年齢層

山崎賢人は幅広い年齢層から人気がありますし、実際に演じる役柄も高校生などを演じても何ら違和感がないですね。

特に漫画などで人気があるキャラクターは高校生など若いキャラクターが多いです。

そこで、全体的なシルエットも含めて山崎賢人さんこそが実写化させた主人公にマッチしているという事は否めません。

実際に映画の実写化にあたって制作サイドのスタッフのコメントが山崎賢人さんが映画実写化になぜこれだけ器用されるのかを物語っています。

山崎賢人,映画,実写化,多い,一覧,作品,

山崎賢人が映画実写化が多い理由

山崎賢人さんが桐谷美玲さんと共演した作品『ヒロイン失格』の監督・英監督はこうコメントしています。

「彼とは利太の内面についてあれこれ話しました。やたら写真を撮るのは、自分は空っぽだと思っていて、隙間を埋めようとしているからだ、とか。共通の“利太っぽさ”をつかめたので、現場ではラクでしたね」

これに関しては、原作者である幸田氏も「利太が原作から、そのまま出てきた感じでした! 山崎さんはホントに利太をよく分かってくださっています」とコメントしている事から山崎賢人さんの役作りに対する拘りも伝わってきますね。

要するに原作である人気漫画を映画実写化させるにあたり、山崎賢人を器用すれば再現性が高く評価されるという事です。

これも山崎賢人さんの作品への向き合い方が伝わってくるのではないでしょうか。

更にギャグコメディを実写化させた『斉木楠雄のΨ難』では、実力派をキャスティングする事で有名な福田雄一監督がどうしても山崎賢人で!という事で指名をしたようです。

人気コミックを実写化した映画「オオカミ少女と黒王子」で松橋真三プロデューサーは、キャスティング理由について「女性が潜在的に求める理想の男性像を今回の彼に期待してもらって構わない」と二次元を再現する山崎賢人の魅力について評価しています。

こうなってくると、映画実写化といえば山崎賢人という評価が定番となっている事がわかりますね。

業界でこれだけ評価されているのであれば山崎賢人の映画実写化が多いのも頷けてしまいます。

山崎賢人,映画,実写化,多い,一覧,作品,

山崎賢人の映画実写化が多いのはなぜ?作品一覧をまとめてみた!まとめ

この記事では、俳優・山崎賢人さんがなぜ映画実写化に出演する回数が多いのかについてまとめてみました。

それは、監督やスタッフの山崎賢人さんへの信頼や評価によるものだという事もわかりましたね。

それと、山崎賢人さんは良い意味で「こだわりのなさ」が評価されていると言えるでしょう。

というのは、人気の出た漫画程、出演するキャラクターに愛情を持っているユーザーやファンがたくさんいると考えられます。

その中でも、柔軟でマルチな対応ができる山崎賢人さんだからこそ制作サイドの思惑通りに動いてくれ、更に山崎賢人さんのすごいところは炎上しやすい作品だったとしてもオファーを気軽に受けてくれるところだそうです。

山崎賢人さんが出演しているこれまでの作品一覧をみてもそれがよくわかりますよね。

所属事務所や作品を扱う制作サイドにとってもとてもやりやすいありがたい存在なのが山崎賢人さんだという事ですね!

確かにどの業界でもこだわりが強すぎると扱いずらかったりしますよね。

ポリシーや信念といったものはあると思うのですが、いらんこだわりは仕事をする上で邪魔になってしまうケースも多いのでその辺はかなり評価が高いでしょう。

映画実写化された『キングダム』でも体重と体脂肪を極限まで減らした役創りが話題担っています。

山崎賢人さんのマルチ俳優としてのこれからのご活躍がますます楽しみです!