Pocket

台風21号2018の最新情報が話題になっています。
また、台風21号2018の進路状況やアメリカ軍・伊勢湾台風との関係も気になりますね。

この記事では、台風21号2018の最新情報や進路状況、アメリカ軍・伊勢湾台風との関係についてお伝えします。

Sponsored Links

台風21号2018の最新情報!

2018年の日本列島は台風による被害が多いですね。
そして、2018年最強の勢力がある台風21号の最新情報も気になるところです。

台風21号2018は8月28日の午前9時に南鳥島近海で発生した台風で2018年に発生した台風の中でも最強クラスの勢力を持つ台風となっています。

通勤通学をする方にとっても台風21号2018が交通機関に影響がある可能性もあるため最新情報のチェックは欠かせませんね。

そんな台風21号2018の最新情報についてさらに詳しく見ていくことにしましょう。

台風21号,2018,最新情報,アメリカ軍,伊勢湾台風,進路状況,

台風21号2018のアメリカ軍予想情報を調査!

台風21号2018について9月3日にアメリカ軍が合同台風警告センターの最新情報を公開しています。

アメリカ軍の公開した台風21号2018の最新情報によると今後、台風21号2018は近畿地方に上陸し兵庫県を通過し日本海側に向かって進んでいく可能性を予想しています。

アメリカ軍の発表した情報を見る限り台風21号2018は非常に速いスピードで日本の本州を移動する経路だといえますね。

また、台風21号2018は日本海側に抜けた後は北海道方面に移動する経路をとる可能性もアメリカ軍の発表した台風21号2018の経路予想からも見て取ることができます

Sponsored Links

台風21号2018と伊勢湾台風の関係とは?

台風21号2018は依然強い勢力を保ち四国方面に向けて移動中です。
そんな台風21号2018が今後、伊勢湾台風と似た経路をたどる可能性も出てきました。

台風21号2018の経路と比較されている伊勢湾台風とは1959年9月26日に発生した台風で犠牲者(5,000人以上)を記録した自然災害です。

また、2018年現在の災害に対する日本の法律(災害対策基本法)は伊勢湾台風の被害を気に成立した法律です。

更に2013年以降の気象庁が発表している台風に関する特別警報も伊勢湾台風レベルを基準に発表されています。

日本に新たな法律を作ってしまうほどの被害をもたらした伊勢湾台風がいかに大きな自然災害だったのかが伺えますね。

台風21号,2018,最新情報,アメリカ軍,伊勢湾台風,進路状況,

台風21号2018の進路状況は?

台風21号2018の進路状況は、今後強い勢力を保ったまま9月4日の日中には四国から近畿地方に接近し上陸する可能性があります。

また、台風21号2018は前回発生した台風20号2018と似たようなルートをたどり速度を速めながら、その後日本列島を北上する進路状況が考えられます。

更に台風21号2018は経路付近以外にも広範囲に渡り強風や大雨などへの警戒が必要です。

みなさんも外出する際には台風21号2018の最新情報や進路状況を常に確認し交通情報や災害情報などの確認をしっかりと行うように心がけましょう。