お盆休み2018!混雑渋滞予測や穴場イベント(関東)情報は? 

   

Pocket

お盆休み2018の混雑渋滞予測が注目されています。
また、お盆休み2018の関東での穴場イベント情報も気になりますね。

この記事では、お盆休み2018の混雑渋滞予測や関東の穴場イベント情報に関する話題をお伝えします。

Sponsored Links

お盆休み2018の渋滞予測情報!

お盆休みは毎年8月13日から8月16日までの4日間です。
しかし2018年のお盆休みは8月11日(土)と8月12日(日)が週末ということもありお盆休みが6連休になる方もいるのではないでしょうか?

一方、気になるのはお盆休み2018の渋滞予測ですよね。
せっかくの連休ですから混雑は避けたいものです。

特にお盆休みを利用して帰省される方は上下線の渋滞予測は把握しておきたいところです。
そこで2018年のお盆休み中の上下線渋滞予測をまとめてみましたので、まずは御覧ください。

・お盆休み2018渋滞予測
(下り線)
8月11日(土)※混雑がピーク(早朝や夜間は空いている場合あり)
8月12日(日)※混雑多発(時間帯によっては空いている場合あり)
8月13日(月)※混雑多発(時間帯によっては空いている場合あり)
8月14日(火)※混雑頻度が減り空いている時間が多くなります。
8月15日(水)※全体的に空いている時間が多くなります。
8月16日(木)※全体的に空いている時間が多くなります。

(上り線)
8月11日(土)※混雑するものの時間帯によって空いている場合あり
8月12日(日)※混雑するものの時間帯によって空いている場合あり
8月13日(月)※混雑多発(早朝や夜間は空いている場合あり)
8月14日(火)※混雑がピーク(早朝や夜間は空いている場合あり)
8月15日(水)※混雑多発(午前中は空いている場合あり)
8月16日(木)※午後から混雑する場合あり

以上がお盆休み2018の上下線渋滞予測です。
下り線は8月11日(土)にピークを迎え8月14日(火)ごろから徐々に空いてきます。
一方、上り線はお盆休み中は常に混雑していますが渋滞のピークは8月14日(火)となっています。

お盆休み,2018,渋滞予測,混雑,穴場,イベント,関東,

お盆休み2018の混雑状況をチェック!

つづいて2018年のお盆休み中、とくに混雑が予想される上下線を見てくことにしましょう。
2018年のお盆休み中に上下線で特に混雑する場所は以下のとおりです。

※お盆休み2018・下り線の混雑状況

道路名:関越自動車道
混雑場所:東松山IC付近(8月11日(土) 8時頃)
ピーク時の渋滞距離:40km

道路名:中央自動車道
混雑場所:相模湖IC付近(8月11日(土)-8月13日(月) 6時-9時ごろにかけて)
ピーク時の渋滞距離:45km

道路名:九州自動車道
混雑場所:筑紫野IC付近(8月11日(土)と8月13日(月) 両日とも11時頃)
ピーク時の渋滞距離:30km

※お盆休み2018・上り線の混雑状況

道路名:関越自動車道
混雑場所:高坂SA付近(8月15日(水)16時頃)
ピーク時の渋滞距離:40km

道路名:名神高速道路
混雑場所:大津IC付近(8月11日(土) 8時頃)
ピーク時の渋滞距離:35km

道路名:神戸淡路鳴門自動車道
混雑場所:舞妓TN付近(8月15日(水)17時頃)
ピーク時の渋滞距離:35km

以上が2018年のお盆休み中、特に長距離にわたる混雑が予想されるエリアです。
お盆休み中に上下線を利用される方は混雑ピーク時を避けるなど混雑回避したお出かけ予定を立ててみては如何でしょうか?

Sponsored Links

お盆休み2018・おすすめ穴場スポットはどこ?

2018年のお盆休みを利用して楽しい連休を過ごしたいという方のために私がおすすめする全国の穴場スポットを紹介したいと思います。

お盆休み2018穴場スポット:「北海道・風のガーデン」
風のガーデンは新富良野プリンスホテルの敷地にある年間450種類以上の花が移り咲くガーデンです。

また、2018年からは「モーニングガーデン」として早朝のガーデンを開放中で見ごたえのある英国風のガーデンはとても涼しげで癒やされます。

お盆休み2018穴場スポット:「茨城県・竜神大吊橋バンジージャンプ」
続いて紹介する穴場スポットは日本最大級の高さからのバンジージャンプが体験できる場所です。

100mの高さから飛ぶバンジージャンプは2018年のお盆休みで忘れられない思い出になること間違いなしです!

ちなみにバンジージャンプの料金は16000円しますが記念撮影や認定証がもらえるなどサービスもスリルも満点です(笑)

お盆休み2018穴場スポット:「静岡県・恋人岬」
恋人岬の展望台は富士山や南アルプスが見える絶景ポイントとして人気がある穴場スポットです。

また、恋人岬付近にある西伊豆歩道にはハイキングコースもあるのできれいな景色を眺めらならハイキングするものおすすめです。

お盆休み2018穴場スポット:「山口県・秋芳洞」
秋芳洞は日本屈指の大鍾乳洞として有名な場所で総延長10.7kmのうち1kmが一般観光用のルートとして開放されています。

また、年間を通して洞内の気温が17℃となっているのでお盆休み中の暑い時期でも快適に観覧することが可能です。

お盆休み2018穴場スポット:「長崎県・ハウステンボス」
ハウステンポスといえば冬から春にかけてのイルミネーションが有名ですが夏も日本最大の4大プールがあり大人から子供まで楽しめるアトラクションとなっています。

また、8月11日(土)と8月12日(日)20:40から21:00にかけて世界花火師競技会の海外予選がハーバータウン一帯で開催されアメリカやロシアの花火師による花火ショーを鑑賞することができます。

以上が私が個人的におすすめする2018年お盆休み中の全国穴場スポットでした。
できるだけ涼しげな場所を厳選してみましたのでお盆休みにお時間がある方はぜひ足を運んでみては如何でしょうか?

お盆休み,2018,渋滞予測,混雑,穴場,イベント,関東,

関東版・お盆休み2018おすすめイベント情報!

それでは最後に2018年のお盆休み中に関東で開催中のおすすめイベントを紹介します。

・お盆休み2018おすすめイベント情報(関東版)その1「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION 2018」

2017年に約585万人の来場者を記録し好評だったイベントが2018年お盆休み中も開催されています。

テレビ朝日が誇る人気キャラクタードラえもんやヒーローショー、有名アーティストによるライブなど楽しいイベントが盛り沢山!

また、フードコートやビアガーデンなどの飲食エリアも充実していますので一日中楽しめるイベントとなっています。

住所:東京都港区六本木6-10-1 ほか
営業時間:10:00〜19:00
お問い合わせ:03-6406-6000

・お盆休み2018おすすめイベント情報(関東版)その2「Night of Wonder 夜の不思議の水族園」

お盆休み中の8月11日(土)から8月16日(木)に東京都葛西臨海水族園にて行われているイベントです。

夜の水族館を体験してみたい方にはおすすめです。

普段の水族館では見ることのできない夜の動物たちに会うことができます。

住所:東京都江戸川区臨海町6-2-3
営業時間:17:00〜20:00 最終入園19:00
お問い合わせ:03-3869-5152

・お盆休み2018おすすめイベント情報(関東版)その3「千葉県・湊川灯籠流し」
1986に復活した地域の伝統行事で御詠歌を背に約600個の灯籠がゆっくりと流れる様子はとても幻想的です。

また、湊川灯籠流しでは花火大会も同日開催され約500発の打ち上げ花火を鑑賞することができます。

住所:千葉県富津市湊
営業時間:19:00〜21:00
お問い合わせ:0439-67-0625

まだまだ夏の暑さは続きますが2018年のお盆休みは故郷や観光地などで思い出に残る有意義な時間を過ごしましょう!

Sponsored Links

 - 季節イベント , , , , , ,