Pocket

ウィリアムズ症候群,顔つき,特徴,まさし,顔貌,

なかなか聞いた事がないかもしれませんが、ウィリアムズ症候群という病気に注目が集まっています。
『探偵ナイトスクープ』という番組でも取り上げられていた「まさしくん」の顔貌が特徴的です。

ウィリアムズ症候群の顔つきや耳が特徴的だと言われていますが、まさしくんの顔貌が典型的ではないでしょうか。

この記事では、まさしくんの顔貌や顔つきから見てとれるウィリアムズ症候群の顔つきや耳の特徴について書いていきます。

Sponsored Links




顔つきや耳が特徴的なウィリアムズ症候群とは?

ウィリアムズ症候群,顔つき,特徴,まさし,顔貌,

ウィリアムズ症候群とは、成長発達の遅れや認知生涯・高カルシウム血症などの症状が出てしまう病気です。
ウィリアムズ症候群は独特の顔つきで耳などに特徴があります。

ウィリアムズ症候群は、第7染色体の一部が欠けてしまう遺伝子の病気で、妖精のような顔つきとなる為に特に耳が特徴です。

更にウィリアムズ症候群は、生涯に渡り様々な症状が出てしまう為、十分な治療とケアが必要だと東京女子医科大学(東京都新宿区)循環器小児科の成人先天性心疾患病態学寄付研究部門の中西敏雄特任教授が仰っています。

ウィリアムズ症候群は乳幼児の時に先天性心疾患の発見によって診断される事が多く、定期診察で早期発見すれば合併症などへの対応もスムーズに出来ると言われています。

ウィリアムズ症候群は芸能人では、つるの剛士さんが該当するそうですが、具体的な症状などはあるでしょうか。

Sponsored Links

ウィリアムス症候群の特徴や症状と原因と確率は?

ウィリアムズ症候群,顔つき,特徴,まさし,顔貌,

ウィリアムス症候群の発症確率は、10000人から20000人に一人くらいの確率だと言われています。

ウィリアムズ症候群の原因は、遺伝子の突然変異だと言われているので、具体的な原因はわからないのではないでしょうか。

ただ、遺伝では無いと言われていますね。

ウィリアムズ症候群の日本での比率は20000人に一人、欧米では7500人に一人とも言われています。

出産では、25000回の出産の内1回という確率になるようです。

ウィリアムズ症候群の特徴的な耳や症状は?

ウィリアムズ症候群は、特徴的な顔つきだけでなく心雑音や血液中のカルシウム濃度が高い事から起きる乳幼児の摂食障害、特定な音に対する敏感な感受性、運動や言語の発達の遅れなどがあります。

ウィリアムズ症候群の特徴や症状は、ポジティブで人なつっこいという事ですが、そこだけ聞くととても良いのでは?と特に病的なものは感じませんよね。

しかしウィリアムズ症候群の特徴は、その度が過ぎてしまう事で、知らない人にも平気でどこまでも追いていってしまうところや、陽気に話しかけるまでは良いのですが、そこも度が過ぎてしまう時がある事です。

ウィリアムズ症候群の特徴は多くの人に理解されにくく、33000人いるイギリスの開業医の中でも30人に一人しかウィリアムズ症候群の方に会った事すらないのが現状です。

また、ウィリアムズ症候群の子供は摂食障害を持っている為に、食事をあまり食べません。

ですので成長が遅れてしまうという特徴があります。

ウィリアムズ症候群の子供達は、笑う、座る、歩くなどの成長も遅れてしまっています。

話し始めるのも遅く、睡眠障害もあるので一晩に3回〜6回も目が覚めてしまうようです。

ウィリアムズ症候群の特徴的な顔つきは耳が独特!ひかりちゃんの例

ウィリアムズ症候群,顔つき,特徴,まさし,顔貌,

ウィリアムズ症候群では顔つきや耳が特徴的です

下記の動画は、まさしくんではなくひかりちゃんという女の子ですが、ウィリアムズ症候群独特の顔つきや耳が特徴的なのがわかると思います。

ウィリアムズ症候群は大人に連れて徐徐に落ち着く傾向にありますが、不安感を抱きやすい傾向にあるとの事なので、騒がしい場所や秩序の無い場所は適していないようです。

ひかりちゃんのような顔つきも妖精のようでウィリアムズ症候群の特徴となります。

ウィリアムズ症候群の特徴として、言語や音楽には優れているのですが並行管区や視空間認知障害などがあるので階段などは消を付けた方が良いでしょう。

ウィリアムズ症候群の芸能人は誰?日本人に特徴的な顔とは?

現状では完治する術は見つかっていないようですが、ウィリアムズ症候群の顔つきや耳の特徴があれば、対策は練れますね。

気になったら早めにサポートを受ける為に専門の医療機関などで受診する事をオススメします。

ウィリアムズ症候群の特徴的な顔つきの原因は?まさし君のケース

ウィリアムズ症候群,顔つき,特徴,まさし,顔貌,

ウィリアムズ症候群については、様々なテレビ番組で取り上げていますが、その中でも「まさしくん」という4歳の少年のケースに注目が集まりましたね!

番組の中では、ウィリアムズ症候群の特徴である「人懐っこい」性格のまさしくんが、人には誰にでも話しかける、仲良くなった人にはどこまでも追いて行く・・という習性から一体どこまでついて行くのか・・という母親の実験を撮ったものです。

しかし、まさし君はお母さんに砂場に一人きりにされたにも関わらず、次々と話しかける大人たちと仲良くなり、挙句の果てには60kmの小旅行かという位までついていってしまったようです。

お母さんは、いい加減もう帰れないとまさしくんを連れて帰りました。

まさしくんは、お母さんを見てニコニコしていましたがやはり怒られ泣いてしまいました。

結局は、笑顔でお母さんに謝っていたまさし君ですが、ウィリアムズ症候群の驚きの特徴を証明してくれましたね!

ウィリアムズ症候群の特徴・・寿命

ウィリアムズ症候群の特徴の一つで、成長と共に症状として出てきてしまう医療問題があります。

医療問題というのは、成長するに連れて出てきてしまう合併症の事です。

そこで、ウィリアムズ症候群の子の寿命が縮んでしまうのかが心配ですが、定期的な診察と検査を受ければ予防できるので良かったです。

ウィリアムズ症候群の顔つきは耳が特徴?まさし君の顔貌のケース…まとめ

ウィリアムズ症候群の顔つきや特徴は、妖精の生まれ変わり・・とも言われています。

代表的なウィリアムズ症候群の特徴といえば、

・少し上向きの鼻
・口の形は鯉の口っぽく横に広い口と厚い唇
・著しくまるいほっぺた
・たまに目の横の側頭部に凹みがある
・目が大きく青っぽいケースが多い
・歯のかみ合わせ異常(上顎や下顎の突出)、異常な角度で生えてくる歯
・ハスキーな声

などがあります。これらの特徴がウィリアムズ症候群の特徴や顔つきが妖精だと所以なのでしょう。

ウィリアムズ症候群の特徴!顔つきの例は?

また、ひかりちゃんやまさしくんのケースからもウィリアムズ症候群の顔つきに特徴がある事がわかりましたね。

運動の仕方や行動そのものも特徴的な事から偏見をもたれる事もありますが、音楽や読書など芸術的なものや集中して取り組む事には没頭し力を発揮します。

ウィリアムズ症候群は、子供の頃はとても活発ですが、大人になるに連れ大人しくなっていきます。

不安や心配性な特徴がある事から、繊細さが垣間見えますね。

しかし、即興曲も作ってしまう程優れた完成を持っている事が多いので、ウィリアムズ症候群の方が芸術の世界で活躍される日も近いかもしれませんね!