Pocket

小柳ルミ子さんのサッカー愛はいつからなのか、またそのきっかけは何だったのでしょうか?

そして、小柳ルミ子さんのいの法則内容も気になりますね。

この記事では、小柳ルミ子さんのサッカー愛はいつからなのかやそのきっかけ、そしていの法則についての話題をお伝えします。

Sponsored Links

小柳ルミ子のサッカー愛はいつから?

小柳ルミ子のプロフィール

生年月日:1952年7月2日 (2018年5月現在65歳)
星座:蟹座
血液型:AB型
職業:歌手
出身:福岡県福岡市早良区
身長:157cm

小柳ルミ子さんがサッカー愛に目覚めたのはいつからだったのでしょうか?
私の記憶では小柳ルミ子さんは以前はサッカーについての発言などはあまりなかったように感じています。

ちなみにサッカー日本代表がワールドカップに出場するようになったのは、いつからかというと1998年のフランス大会で今から20年前の出来事になります。

そして、小柳ルミ子さんにサッカー愛が芽生えたのはいつからなのかというと2002年に日韓共催ワールドカップが開催され日本でもサッカー人気が急上昇した年の出来事でした。

小柳ルミ子さんは当時世界で活躍するトップサッカー選手だったデビッド・ベッカムの存在をテレビで知りサッカーに興味を持ち始めています。

当時は日本中にベッカムフィーバーが吹き荒れ、小柳ルミ子さんだけでなく多くの女性がベッカムに注目していました。
また、ベッカムヘアーといわれるソフトモヒカンのヘアスタイルも流行しましたね。

更に小柳ルミ子さんがサッカー観戦をするようになったきっかけについても見ていく事にしましょう。

小柳ルミ子,サッカー,いつから,きっかけ,いの法則,

小柳ルミ子がサッカー観戦をするきっかけとなった選手とは?

小柳ルミ子さんがサッカー観戦をするようになったきっかけが気になりますね。

ベッカムの存在でサッカーに興味を持ち始めた小柳ルミ子さんでしたが、サッカー観戦にハマるきっかけになったのはFCバルセロナでプレーしていたプロサッカー選手・リオネル・メッシが出場したサッカーの試合を実際に観戦したことがきっかけとなりました。

そして、リオネル・メッシのプレーに魅せられた小柳ルミ子さんは現在、1年間の間に観戦するサッカーの試合数は、なんと2190試合!

更に小柳ルミ子さんはサッカーに関する自身が感じたことなどを記したサッカーノートを12年間で100冊以上書き続けるほどのサッカー好きになりました。

もうここまで来るとサッカー評論家としても仕事ができそうですね(笑)
そんなサッカー好きの小柳ルミ子さんが明かしたサッカーに関する「いの法則」という持論が話題になっています。

Sponsored Links

小柳ルミ子のいの法則とは?

小柳ルミ子さんは長年書き続けたサッカーノートを読み返していく内に「いの法則」という持論にたどり着いたことを明かしています。

小柳ルミ子さんの考えた「いの法則」とはサッカーに必要な言葉の最後が「い」で終わるものばかりという法則です。

「いの法則」について例を挙げると「メンタリティー」「緩急自在」「浮かれない」「愛」「頭が良い」など、サッカー以外の仕事にも当てはめることができる言葉ばかりですね。

また、小柳ルミ子さんはこれからも新しい「いの法則」が思いついたらノート書き足し続けていくと宣言していますし今後の「いの法則」についての発言がとても楽しみです。

そして小柳ルミ子さんは自身のサッカー論を1冊の本にまとめた「パスコースがない? じゃあ、つくればいい。」が絶賛発売中です。

更に2018年はロシアでワールドカップの開催もありますし、今後も豊富な情報量を活かした小柳ルミ子さん独自のサッカー解説に注目しましょう!

小柳ルミ子の宝塚時代の同期は誰?首席の歌唱力や若い頃のかわいい画像他