Pocket

日大アメフト部の危険タックル問題でこれまで沈黙を守ってきた関西学院大学サイドが会見を開きました。

そこで関西学院大学の鳥内秀晃監督の経歴や学歴(出身高校)に注目が集まっています。

また、鳥内秀晃監督の年齢や息子情報も気になりますね。

この記事では、関西学院大学の鳥内秀晃監督の経歴や学歴(出身高校)、年齢や息子について書いていきます。

Sponsored Links

鳥内秀晃監督の経歴や年齢は?

関西学院大学サイドは、日大の危険タックルについてずっと沈黙を貫いていた感がありましたが遂に会見を開きました。

関西学院大の小野宏ディレクターと、鳥内秀晃監督が会見での対応を行っていましたが、正直日大の会見とは打って変わって評価の高いものになっていました。

小野宏ディレクター(関西学院大)の経歴や学歴は?家族構成も調査!

井上奨(日本大学)の経歴や家族構成は?自宅住所はどこ?

内田正人(日大)の自宅住所や家族構成は?ネクタイの炎上理由がスゴい!

会見に臨んだ小野宏ディレクターの評価もかなり高かったですが、この記事ではヒゲと怖いと言われる程の威圧感?のある鳥内秀晃監督の経歴や年齢について見ていこうと思います。

まず、鳥内秀晃監督の経歴ですが1982年に関西学院大学文学部を卒業しています。

現役時代は、1年制の秋からDB/Kとして試合に出場し4年生で副将、守備のリーダーとして活躍しました。

鳥内秀晃監督は関西学院大学卒業と同時にアメリカへコーチ留学するなど素晴らしい経歴をお持ちです。

1982年〜1984年では南オレゴン洲立大学に、1985年にはUCLA経歴、学歴を深めました。

1986年にはファイターズの守備コーディネーターとして6年間チームを指導し、1992年に監督に就任しました。

鳥内秀晃監督は、監督として甲子園ボウル優勝10回という素晴らしい実績、経歴があります。

経歴と合わせて気になる鳥内秀晃監督の年齢ですが、2018年現在で年齢は生年月日1958年11月26日生まれで59歳となるようです。

こんな素晴らしい経歴をお持ちの鳥内秀晃監督ですが、出身高校はどこなのでしょうか。

鳥内秀晃監督の学歴の中で注目の出身高校について見ていきましょう。

鳥内秀晃,経歴,学歴,出身,高校,息子,年齢,口唇口蓋裂,監督,

鳥内秀晃監督の学歴(出身高校)は?

上記させていただきましたが、鳥内秀晃監督は海外の学校に行かれるなど素晴らしい学歴をお持ちです。

ここで気になるのが、学歴の中でも鳥内秀晃監督の出身高校ですね。

鳥内秀晃監督の出身は、大阪府大阪市になります。

鳥内秀晃監督の出身高校は、大阪府立摂津高等学校(おおさかふりつせっつこうとうがっこう)になります。

鳥内秀晃監督は高校時代に、サッカー部のフォワードとして活躍されていたようですね。

という事は、アメフトは大学から始めたという事ですから才と努力の結晶なのでしょう。

しかも鳥内秀晃監督は高校時代にサッカーで全国大会に出場する程だったとぴいますからスゴいです。

嫁や可能性を魅せてくれますね!

そんな鳥内秀晃監督ですが御家族に興味がありますね。

鳥内秀晃監督の家族や子供情報について見ていきましょう。

Sponsored Links

鳥内秀晃の子供(息子)情報!

鳥内秀晃監督には3人の子供(息子)さんがおられるようです。

鳥内秀晃監督の子供(息子)さんをわかりやすくまとめたいと思います。

鳥内秀晃監督の子供(息子)さんは3人共に関西大学アメフト部という事で、父親としてはとても嬉しい事なのではないでしょうか。

・鳥内秀晃監督の長男は、鳥内貴央さんで2018年現在28歳です。

鳥内秀晃監督の長男は、高校まで野球をやっていたようですが大学からアメフト部に入部しました。

その点は父である鳥内秀晃監督と同じ感じがしますね!

・鳥内秀晃監督の次男である鳥内将希さんは1991年生まれで2018年5月現在26歳です。

高校時代に野球部で甲子園出場を果たしたという事で素晴らしいですね!

鳥内秀晃監督の次男も大学からアメフトに転向しています。

2年制からスタメンに出場する程ですから、やはり環境の力はスゴいですね!

そして、鳥内秀晃監督の三男である鳥内裕之さんは1995年生まれでサッカー少年でした。

三男は鳥内秀晃監督と小学校6年制の時に18年振りに日大と関学が対戦した甲子園ボウルを感染し興味を抱いたところ鳥内秀晃監督に誘われたようですね。

こう見てみると、鳥内秀晃監督の子供(息子)さん達は強制をされたわけではなく自身で興味を抱いて初めています。

やはり環境というのは子供だけでなく人に大きな影響を与えるので何かを始めたり達成させるのは、やはり環境を作るところから始めるのが良いですね!

ついに会見を開いた関西学院大学ですが、今後の動向についても追っていきたいと思います。