福田事務次官問題で女性記者の会社はどこ?年齢やハニートラップ説!

      2018/04/21

Pocket

セクハラ説で問題の渦中にいる福田事務次官の女性記者の会社はどこなのでしょうか。

また、福田事務次官問題の女性記者の年齢や会見内容やハニートラップ説についても気になります。

この記事では、福田事務次官問題で女性記者の会社や年齢、会見内容やハニートラップ説について書いていきます。

Sponsored Links

福田事務次官問題で女性記者の会社はどこ?

福田事務次官問題で渦中にある女性記者の会社が注目されていますが一年半程前から接点があったテレビ朝日の女性記者だという事が発表されました。

福田事務次官問題で渦中の女性記者の会社であるテレビ朝日は会見を開き、福田淳一さんと全面的に争う事を発表しています。

メディアでは、この福田事務次官問題の対象である女性記者が公表した事を受けて肯定的な意見と反対的な意見もありますね。

肯定的な意見としては、やはり女性記者の勇気ではないでしょうか。

ただ、問題されているのは女性記者が福田事務次官の音声を録音していたところが問題視されているのですが、「自身の身を守る為に録音していた」という女性記者の発言は、許可無く録音していた女性記者に対し、法的には難しい部分があり違法にはならないがモラル的な問題があるという意見もあります。

今回、福田事務次官問題で渦中にある女性記者は仕事柄、連絡があればすっ飛んでいくという事が心情でしょう。

福田事務次官に呼ばれ慌ててすっ飛んだ女性記者は、パジャマ姿だったという事から仕事に対しての気持ちやたいへんさもわかりますね。。

福田事務次官問題で女性記者の会社はテレビ朝日という大手の会社ですが、やはり一社だけ有力な情報を取りこぼしてしまう事のリスクなどを考えて勇気を出したのではないでしょうか。

週刊新潮に音声データを提供した女性記者は、謝礼金は受け取っていないという事ですので女性記者側からしてみると、気持ちの上でとてもイヤな思いをしている事は確かです。

報道でもされていますが、女性記者自身の気持ちを報道という形で伝えてもらおうとしたのではないでしょうか。

女性のセクハラ問題に関しては、女性側がどう思うか等に重点が置かれていますし、実際に音声データを聞くと福田事務次官の声に聞こえてしまう方も多いかもしれません。

福田淳一財務事務次官の家族構成や子供を調査!経歴や学歴は?

では、福田事務次官問題で女性記者の年齢や会社側の会見内容について掘り下げてみましょう。

福田事務次官,女性記者の会社,女性記者,年齢,会見,ハニートラップ,

福田事務次官問題で女性記者の年齢や会見内容について

福田事務次官問題で女性記者の年齢が気になりますね。

現段階でわかっているのが福田事務次官問題の渦中にいる女性記者の年齢は30代の女性だという事です。

会社はテレビ朝日という事で、こういった問題で女性記者が自ら名乗り出る事は考えにくいですね。

年齢が30代という女性記者ですが、福田事務次官位の年齢の方であれば対象となってしまう事から女性の働き方などにも大きな影響や論議を及ぼしてしまいますね。

やはりプライバシーに関わる事なので録音音声に関しても、福田事務次官の声だけが流れ女性記者の声が掻き消されていますね。

進優子(テレビ朝日)の出身高校や大学はどこ?プロフィール画像を調査!

問題視されているのは、女性記者はなぜ福田事務次官の属する財務書に直接訴えなかったのか・・

女性記者が属する会社がテレビ朝日であれば、なぜ自社の紙面で発行しなかったのか・・

などなどいろいろと論議が及びます。。

また、テレビ朝日は福田事務次官と女性記者の問題で正式に財務省に抗議をする事を報じています。

そういった見解から、福田事務次官問題は実はハニーとラップなのではないか・・という疑問が出てきますね。

囁かれている福田事務次官問題はハニートラップなのかについて見ていきましょう。

Sponsored Links

福田事務次官のハニートラップ説とは?

まず、一年半前から女性記者と福田事務次官には何度も接点があった事は既に報じられています。

また、録音レコーダーは自身の身を守る為に忍ばせていた・・という女性記者の発言ですがパジャマ姿で駆けつけたという事からも仕事としての責任感と捉える事も出来ます。

しかし、一方では女性記者は福田事務次官をハニートラップに陥れたのではないかという見解もありますね。

進優子の国籍やホリエモンの関係は?ハニートラップ説の理由がスゴい!

こういった問題になるとどうしても女性が強くなってしまうので、本当に軽卒な行動には気を付けなければならないですね。

福田事務次官と女性記者のハニートラップ説がなぜ起こったのかをまとめます。

・女性記者がパジャマ姿という非常識と言われる格好で福田事務次官と会っていた事

・一年半前から交流があったにも関わらず、許可なく録音レコーダーを忍ばせていた事

以上になります。

上記については、女性記者側にも理由があり記事内でも述べさせてもらいましたが、福田事務次官は辞職を発表していますが、しばらく福田事務次官と女性記者の問題については続きそうですね。

佐川宣寿の家族構成や略歴・経歴は?学歴 出身高校やパワハラ説他

 - 政治家 , , , , ,