Pocket

東京ディズニーリゾートの拡張が話題になっていますが、東京ディズニーリゾートの拡張に伴って2018年のチケットの値段が気になりますね。

また、東京ディズニーリゾート拡張の時期や規模はどうでしょうか。

この記事では、話題の東京ディズニーリゾート拡張時期や規模、ディズニーチケットの2018年の値段変更ついても書いていきます。

Sponsored Links

ディズニーリゾート拡張の時期は?

報道では、ディズニーリゾート拡張の時期は2020年以降だとされています。

しかし、ディズニーリゾートの駐車場の拡張として立体駐車場にするという事で完成予定が2019年度になるとしています。

2020年度には東京オリンピックが控えているとあって、訪日外国人を含めた新規顧客開拓と年々増加している来客数が原因の混雑状況の打破が拡張理由とされていますね。

ディズニーリゾート拡張で新たなパークが増設されるかどうかは未定ですが、ディズニーリソーと拡張に伴って規模が大きくなる事は間違いないですね。

では、ディズニーリゾート拡張の規模として、現在わかっている拡張部分はあるのでしょうか。

ディズニー,チケット,値段,推移,拡張,時期,規模,なぜ,理由,2018,

ディズニーリゾート拡張の規模は?

現段階でわかっているディズニーリゾート拡張部分ですが、まず2019年度に東京ディズニーシーに新しいアトラクション「ソアリン」が新設予定です。

また、東京ディズニーランドにも2020年に美女と野獣エリアを中心とした複数のエリアに施設が出来る事が予定されています。

東京ディズニーシーと東京ディズニーランド以外にも拡張される事が予想できますので、ディズニーリゾートの拡張としてかなりの規模になるのではないでしょうか。

具体的なディズニーリゾートの拡張理由として運営会社であるオリエンタルランドは、2023年までに高い満足度を伴った恒例的に3000万人レベルの入園者数レベルにする事を目標に掲げています。

が、個人的には更に入園者数が急激に増加する可能性も考えられるのではないかと思ってしまいますね(笑)

というのは、ディズニーリゾート側と入園者側のイタチごっこになってしまうのではないかと心配になってしまいます。

具体的にはディズニーリゾートの公式サイトに細かい拡張施設について書かれていますのでご参考にしてみてください。

ディズニーリゾート拡張施設について

上記のように、ディズニーリゾートの拡張規模は相当大きなものになると考えられますので、非常に楽しみになりますよね。

そこで心配になったのですが、これだけディズニーリゾートが拡張に精を出すという事は、チケットの値段も上がってしまうのではないかと思ってしまいますよね。

これまでのディズニーのチケットの値段推移を参考に考えてみましょう。

Sponsored Links

ディズニーリゾートの2018年度チケットの値段が気になる!

ディズニーリゾート拡張で規模が大きくなるという報道がされ、注目されていますね。

そこで気になるのがディズニーチケットの値段が高くなってしまうのではないかという事です。

拡張の進捗予定などを想定すると、2019年や2020年のディズニーチケットの値段が上がってしまうのかが一番心配ですね。

しかし、フライングで2018年にディズニーチケットの値段が上がってしまう事もあるのでしょうか。

2018年現在、ディズニーでは「春キャンディズニー2018」という名のキャンペーンが行われています。

2018年現在でディズニーの通常の値段は、大学生・専門学生で¥7400。

中高生で¥6400なのですが、2018年現在のキャンペーンにより大学生・専門学生で¥6400。

大学生・専門学生で¥5500と安くなっています。

このディズニーリゾート2018年の春キャンチケットの条件は以下になります。

・まとめ買いが出来ない
・2デーパスポートでの取り扱いはない
・春キャンキャンペーン料金でのアフター6チケットは無い
・日付指定はできない

という事です。

更に春キャンキャンペーンチケットを購入する場合は、必ず学生証に掲示が必要ですのでお忘れの無いようにしてくださいね!

学生に戻りたい気分でいっぱいになってしまいますが、拡張に伴いディズニーリゾート全体のチケットの値段も近年値上げを繰り返している事実から公表はされていませんが可能性は高いですよね。

春のキャンペーンを終え、ディズニーリゾート拡張に向け2018年度後半からチケット代の値上げもあるかもしれません。

また、情報が入り次第追記する事もありますので是非またお発ち寄りください!