赤荻瞳の高校はどこ?年収や経歴 可愛いギャル時代の画像は?

   

Pocket

人気ギャル向け雑誌『Egg』の編集長である赤荻瞳さんがWEBでEggを復活させるという事で注目されていますね。

赤荻瞳さんの出身高校や、編集長としての年収や経歴、可愛いギャル時代の画像なんかが気になります。

この記事では、赤荻瞳さんの出身高校や年収や経歴、可愛いギャル時代の画像について書いていきます。

Sponsored Links

赤荻瞳の高校はどこ?可愛いギャル時代の画像

赤荻瞳のプロフィール

名前:赤荻瞳(あかはぎひとみ)
生年月日:1997年9月6日(2018年3月現在20歳)
出身:兵庫県西宮市
職業:egg編集長

赤荻瞳さんの出身高校は、埼玉県埼玉市立大宮西高校です。

現在でこそ雑誌『Egg』の編集長を若くして行っていますが、高校時代は可愛いギャルだったようですね。

赤荻瞳さんの可愛いギャル時代の画像は以下に掲載させていただきますが、個人的には以外とナチュラルなメイクで好きですね(笑)

ギャル時代というと、けっこう日焼けして一時期一世を風靡したヤマンバメイクを創造してしまいます。

その話をすると、年齢がバレてしまいますが・・(笑)

赤荻瞳さんの高校時代というと、2018年現在で20歳ですから、本当に最近の話ですよね。

ですので、ギャル時代の画像もメイクなどの違いはありますが現在とさほど変わらなくて当然ですね。

では、WEBで『Egg』を復活させるという大きな仕事をした赤荻瞳さんの年収はいくらなのでしょうか。

佐藤エリが貧乏モデルの理由は実家?出身地・地元は栃木県のどこ?

赤荻瞳,高校,ギャル時代,画像,年収,経歴, 

赤荻瞳の年収は?

若くして編集長という赤荻瞳さんの年収が気になる方も多いと思いますが、各雑誌の編集長の年収から予想してみましょう。

やはり大手出版社で年収の高いのは講談社や小学館ですね。

年収は、2000万円前後なので日本の所得者ではトップクラスですね。

編集者の平均年収は、男性で660万円程で女性で500万円程というデータが出ていますが赤荻瞳さんは編集長なので年収は平均年収よりは高い事が考えられますね。

日本のサラリーマンの平均年収で考えると20歳で、これだけの年収を得ていたら赤荻瞳さんの将来は益々希望が見えますね(笑)

若くして編集長、そして株式会社エムアールエーの社長となった赤荻瞳さんですが、その経歴が気になりますね。

Sponsored Links

赤荻瞳の経歴

赤荻瞳さんの経歴ですが、赤荻瞳さんは元々『Egg』の愛読者だったのですね。

『Egg』が取り扱うギャル達は渋谷や原宿をメインにして活動していますよね。

赤荻瞳さんも高校時代から渋谷や原宿などに足しげく通っていました。

余程『Egg』が好きだったのか『Egg』と同じギャル雑誌である『Ranzuki』という雑誌の読者モデルもやっていたという経歴もあります。

2018年3月21日にWEB版で復活した『Egg』ですが、SNSを駆使してTwitterや動画コンテンツも配信するそうです。

ちなみにですが、赤荻瞳さんが読者モデルをしたギャル雑誌である『Ranzuki』もWEbで既に配信されていて、三大ギャル雑誌を担う『popteen』もWEBサイトを運営していますよね。

これからは、どんどん紙媒体よりWEBで配信していく変種者も増えていくかもしれませんね。

佐藤穂奈美はちゃおのモデルからドラマ出演!スーパーな少女がきっかけ?

Sponsored Links

 - モデル , , , , ,