Pocket

歌手で女優である小柳ルミ子さんは実は若い頃に宝塚歌劇団に入団されていたそうです。

そんな宝塚時代の同期は誰かと話題になっています。

また、宝塚で首席になったほどの歌唱力や若い頃のかわいい画像についても気になっている人が多いようです。

この記事では、は小柳ルミ子さんの宝塚時代の同期は誰か、首席の歌唱力や若い頃のかわいい画像について紹介したいと思います。

Sponsored Links

小柳ルミ子の若い頃のかわいいと言われる画像は?

小柳ルミ子のプロフィール

本名:小柳留美子
生年月日:1952年7月2日
出身地:福岡県
血液型:A型
身長:160cm

小柳ルミ子さんは1970年にNHKの朝ドラ「虹」で女優デビューし、その後に翌年1971年に歌手デビューしました。

そのデビュー曲である「わたしの城下町」は160万枚の大ヒットとなりました。

当時は小柳ルミ子さん、天地真理さん、南沙織さんの三人で「新三人娘」と呼ばれ、凄まじい人気だったようです。

その後も「瀬戸の花嫁」や「お久しぶりね」など多くのヒット曲を生み出した小柳ルミ子さんは紅白歌合戦に1971年から18年連続出場というすごい記録を残しています。

また、1983年には「日本アカデミー賞最優秀主演女優賞」を受賞するなどして女優としても評価されています。

そんな小柳ルミ子さんですが若い頃の画像がかわいいと話題になっています。

今もとても綺麗でその美貌を保っていますから、若い頃の画像がかわいいことも納得ではありますが少し驚きですよね。

個人的には画像では上戸彩さんに似ているような気がします。

次は、小柳ルミ子さんの宝塚時代とその頃の同期について書いていきたいと思います。

小柳ルミ子のサッカー愛はいつから?きっかけやいの法則とは何?

小柳ルミ子,宝塚時代,宝塚,首席,同期,若い頃,可愛い,画像,歌唱力,

小柳ルミ子の宝塚時代の同期は誰?

そんな小柳ルミ子さんは若い頃に宝塚に所属されていました。

歌手として活躍されていたのは宝塚時代の経験があったからこそかもしれませんね。

しかも、小柳ルミ子さんはもともと宝塚歌劇団に入団したかったわけではなく、ただ歌手として活躍したかったそうです。

しかし、小柳ルミ子さんが契約していた渡辺プロダクションが小柳ルミ子さんに舞台経験を経てから歌手になるようにという指示をしたことで宝塚歌劇団に入団することになったそうです。

しかも、小柳ルミ子さんがすごいのはそんな経緯で宝塚歌劇団に入団したにも関わらず、宝塚音楽学校を首席で卒業されたそうです。

宝塚音楽学校といえばその倍率は凄まじく、入りたくても入れない人も多くいるはずですがそこを首席で卒業とは小柳ルミ子さんがいかにすごい歌唱力を持っていたかが分かります。

そして、小柳ルミ子さんの宝塚時代の同期には女優である麻実れいさんや東千晃さんなどがいます。

同期にもライバルは多かったと思いますがその中でも首席を取ったのは本当にすごいですよね。

そして、次はそんな小柳ルミ子さんの首席を取ったほどの歌唱力について書いていきたいと思います。

Sponsored Links

小柳ルミ子の歌唱力は?

宝塚歌劇団でのエピソードでも分かるように小柳ルミ子さんは素晴らしい歌唱力を持っていると思います。

小柳ルミ子さんはデビュー曲である「わたしの城下町」で1971年のオリコン年間シングル売上チャートで第一位を記録し、第13回日本レコード大賞最優秀新人賞も獲得するなどしています。

また、1972年には「瀬戸の花嫁」で第3回日本歌謡大賞を受賞するなど大きな賞を多く受賞されていることからみても小柳ルミ子さんの歌唱力がいかにすごいかを表していると思います。

更にその後も「お祭りの夜」「京のにわか雨」「漁火恋唄」などのヒットを多くとばし、1970年代前半を代表する歌手となりました。

この記事では、小柳ルミ子さんの若い頃や宝塚時代、歌唱力について書いてきました。

小柳ルミ子さんの若い頃はかわいいと噂されていた通り、本当にかわいかったですね。

また宝塚歌劇団に入団したエピソードや同期の中で首席で卒業するなど小柳ルミ子さんがかわいいだけではなく歌唱力も持っていたことがよく分かりました。

遼河はるひ 宝塚時代トップの演技力や人気は?本名や実家の場所他

君島十和子の娘で次女みゆきの可愛い画像!宝塚の何組? 

大地真央の旦那 森田恭通の職業や年収は?家を分けて別居する理由は?