葛西紀明のオリンピック初出場はいつ?父親についてやチャック全開説他

   

Pocket

レジェンドと言われる葛西紀明さんのオリンピック初出場はいつだったのでしょうか。

また、葛西紀明さんの父親についてや、チャック全開説も気になります。

この記事では、葛西紀明さんのオリンピック初出場はいつかや、父親の事、チャック全解説について書いていきます。

Sponsored Links

葛西紀明のオリンピック初出場はいつ?

葛西紀明のプロフィール

名前:葛西紀明(かさいのりあき)
生年月日:1972年6月6日(45歳)
出身:北海道上川郡下川町
身長:176cm
体重:60kg

葛西紀明さんは、2003年から世界選手権やワールドカップには出場していたのですが、オリンピック初出場は1992年のアルベールビルオリンピックですね。

葛西紀明さんはオリンピック初出場した時は、19歳。

今回のピョンチャンオリンピックで8度目のオリンピック出場になります。

葛西紀明さんが結婚されたのは、2014年2月でオリンピック初出場を果たしメダル獲得直後にプロポーズしたようです。

さすがに交際していたメダリストにプロポーズされれば断れないでしょう(笑)

何よりも奥様はずっと葛西紀明さんを支えていたでしょうから、心に決めていたのだと思います。

念願のオリンピック初出場を果たした葛西紀明さんは御結婚されて、娘さんが2016年に誕生!

今回のピョンチャンオリンピックでもメダルを期待できますね。

また、葛西紀明さんの父親についてエピソードがあるようです。

葛西紀明さんの父親について書いていきます。

葛西紀明,オリンピック,初出場,父親,チャック全開,

葛西紀明の父親について

葛西紀明さんは、幼い頃家庭が貧しかったそうです。

葛西紀明さんの父親は病弱で、満足にお仕事が出来なかったらしく母親がいつも働いていたという記憶が強いようですね。

しかし、葛西紀明さんの父親は病弱で働けない自分を情けなく思ってしまったのか、行方を眩ませてしまったという逸話があります。

父親が姿を消してしまい母親が女手一つで頑張って、葛西紀明さんはスキーを続ける事ができたようです。

16歳という最年少でワールドカップに出場し、8度目となるオリンピック出場の影にはそのようなエピソードがあったのですね。

また、葛西紀明さんのチャック全解説が話題になっていますが、どういう事でしょうか。

葛西紀明さんのチャック全解説について書いていきます。

Sponsored Links

葛西紀明のチャック全開説とは?

2月9日のピョンチャンオリンピックのノルディックスキー・ジャンプ男子ノーマルヒル予選で葛西紀明さんは見事予選通過しました。

しかし、その後ブログで葛西紀明さんが自身のチャックが全開だった事を明かしました(笑)

チャック全開で大衆の面前で大空を舞うなんて、葛西紀明さんは何て大物なのでしょうか!

葛西紀明さんは緊張していてチャック全開な事に気が付かなかったと明かしています。

そんなチャーミングな葛西紀明さんのメダル獲得に大きな期待がかかりますね!

藤本那菜が小嶋陽菜に似てるか比較!出身高校や血液型 父親の職業は?

Sponsored Links

 - スポーツ, スポーツ選手 , , , ,