計画倒産と自己破産の違いは?メリットや兆候 罪による返金は?

   

Pocket

横浜や八王子などで成人式の着付けの予約をしていたハレノヒで、成人式当日連絡が着かなくなるという問題が話題です。

計画倒産の可能性があるという事ですが、計画倒産と自己破産の違いは何なのでしょうか。

また、計画倒産の兆候やメリットも気になり、罪に問われたり返金は出来るのでしょうか。

この記事では、計画倒産と自己破産の違い、メリット・兆候、また罪に問えるか、返金は出来るかについて書いていきます。

Sponsored Links

計画倒産と自己破産の違いは?分かりやすく解説…

計画倒産とは、経過雨滴に会社を倒産させる事であって一種に詐欺と言えるかもしれません。

というのは、今回のハレノヒの問題で着物の着付け料金は先払いで支払っているのに意図的に成人式当日に姿を消しているとしたら計画倒産の可能性が極めて高いからです。

似たような言葉で倒産計画というものもありますが、ここでは計画倒産について書かせていただきます。

また自己破産と計画倒産のニュアンスが近い事から、違いについて気になりますね。

分かりやすく説明させていただくと自己破産とは、裁判所が支払いが不可能であると認めた場合に税金などを除く全ての債務を市は楽必要がなくなるという手続きの事です。

前述させていただきました通り、計画倒産とは詐欺的な意図も持って計画的に会社を倒産させる事であって、計画倒産と自己破産は違う意味合いになります。

しかし、今回のハレノヒのケースが計画倒産だと疑われているのには理由があります。

消費者(着付けを申し込んで支払い済の顧客)に対し、当日に連絡が付かないという状況から、計画倒産しそのまま自己破産の流れなのではないかという疑いが掛けられてしまうのは仕方がない事かもしれません。

では、計画倒産にメリットはあるのでしょうか。

また、計画倒産の兆候に気付く事は出来なかったのでしょうか。

計画倒産,罪,兆候,メリット,返金,自己破産,分かりやすく,

計画倒産のメリットや兆候は?

今回のハレノヒの場合で、計画倒産だとするとメリットは何なのでしょうか。

事業内での債権を大きく分けると、「優先債権」「一般債権」に分けられます。

優先債権は、税金、従業員の給料、取引先への支払いなどを指します。

また一般債権は、それ以外の債権で計画倒産をすると、この一般債権を支払う必要が無くなってしまいます。

というのは、道徳的に見ると聞けないのですが、法的には支払う必要がなくなるのです。

この一般債権を支払う必要がなくなるという部分が、倒産する側からすれば計画倒産のメリットの一つと言えるでしょう。

また、今回のハレノヒの件では計画倒産の兆候はあったのでしょうか。

現在、ハレノヒのあった店舗はもぬけの殻状態のようです。

まるで夜逃げ状態だと言われています。

一部情報によると、社員の給料を3ヵ月滞納していたなどの情報もあった為、計画倒産は内部では兆候があったのかもしれません。

しかし、顧客からしてみたら兆候が無いとなれば計画倒産は極めて悪質もものとなってしまいますよね。

では、今回のハレノヒの件で計画倒産だとすれば罪に問えるのでしょうか。

また一番気になるのが、計画倒産による返金が出来るかどうかですよね。

Sponsored Links

計画倒産の罪による返金は?

計画倒産が罪に問えるかどうかですが、詐欺の立証が出来ない事には計画倒産を罪に問う事は難しいかもしれません。

計画倒産に関聯付けて考えられるのが、やはり自己破産ですので資金が底をつき返済不能な状態だった事は十分考えられます。

契約だけでは、詐欺という罪に問う事は難しいですが、もし先払いをしているんどえあれば詐欺の立証が出来る可能性もあるので弁護士さんに相談する価値はあるかもしれません。

また、計画倒産による返金は出来るのでしょうか。

そもそも計画倒産自体が、集めたお金を合法的に返金せずに計画的に倒産させる事なので返金は難しいかもしれません。

ただ、前述させていただいたように計画倒産を罪に問う事が出来れば、賠償金などの請求が出来るか弁護士さんに相談してみる価値はあるかもしれません。

とはいえ、一生に一度の晴れの舞台をこういった計画倒産などのせいで台無しにされてはたまったものではありませんよね。

テレビで、自分よりもお父さん、お母さんに魅せてあげたかったから悲しませてしまう・・と言っている成人の声に旨が痛みます。

市や区は一日に2回など式を開催するなどの対策を講じているようです。

当日でも着付けの出来る場所があれば是非拡散してあげて下さい!

Sponsored Links

計画倒産の晴れ着転売について…

ハレノヒの問題で、計画倒産により晴れ着を転売する可能性について反韓を得ています。

情報によると、ハレノヒでは晴れ着の着付けを申し込みさせて入金させるという億質な計画倒産なのではないかと騒がれています。

現状では、ハレノヒサイドは特に声明は出していないようですね。

着付けを申し込ませて、顧客が祖母や母親の晴れ着を持ち込んで申し込みさせているケースがあり、預けていた晴れ着を計画倒産により転売するのではないかという心配の声が多数ありますね。

衣装に一度の成人式を晴れ着で迎えられなかっただけでなく、大切な晴れ着を転売なんかされたはたまったものではありません。

もし、計画倒産であってもちゃんと果たせる責任はあるはずです。

しかもハレノヒって結構大きな会社が運営していたと思いましたが、計画倒産といえど罪には変わりありません。

市や区も、新成人の為に新たに成人式を挙げるなど対策は必要なのではないでしょうか。

Sponsored Links

 - 季節イベント , , , , , ,