米倉涼子 黒革の手帖 最終回(結末)はどうなった?年齢設定は何歳?

   

Pocket

ドラマ『黒革の手帖』で武井咲さんが主役を演じていた事が話題になっていましたね。

『黒革の手帖』といえば武井咲さんの前に米倉涼子さんが演じていましたが最終回の結末の違いも話題になりました。
『黒革の手帖』の米倉涼子さん版の最終回結末(ラスト)と武井咲さん版の結末はどう違ったのでしょうか。
また、米倉涼子さんと武井咲さんが演じる元子の年齢設定も気になりますね。

この記事では、『黒革の手帖』の米倉涼子さん版の最終回の結末や年齢設定について書いていきます。

Sponsored Links

  黒革の手帖最終回(米倉涼子版)

米倉涼子のプロフィール

生年月日:1975年8月1日(2017年10月現在42歳)
身長:168cm
出身:神奈川県
血液型:B型

米倉涼子さんは、その美貌やスタイルからもわかるように、幼少期からバレエ少女でした。
バレエをしている方って、歩き方でわかりますよね!

現在、米倉涼子は女優として存在感が凄くありますが代表作の一つとしてやはり『黒革の手帖』はすぐに思い浮かびますよね!

『黒革の手帖』は最近では武井咲さんが演じた事が話題になりましたよね!
武井咲さんが演じた『黒革の手帖』と米倉涼子さんが演じた『黒革の手帖』で最終回に何か違いはあるのでしょうか。

黒革の手帖の結末は?武井咲と米倉涼子の違いを原作から予想!評判と感想…

ネット上の声などを見てみると、『黒革の手帖』はやはり米倉涼子さんの印象が凄く残っている為に、武井咲さんを周囲の俳優陣で上手にカバーしたという声もあります。
個人的には武井咲さん演じる元子も、あどけなさが少し残る感じがして好きですけどね(笑)

米倉涼子,黒革の手帖最終回,最終回,黒革の手帖,結末,ラスト,何歳,年齢,

  米倉涼子版の結末(ラスト)は?

米倉涼子さん演じる『黒革の手帖』最終回では、米倉涼子さん演じる元子が最後に警察に捕まってしまうという結末を迎えます。
かなり衝撃的な内容なだけに視聴者も驚愕したのではないでしょうか。

しかし武井咲さん演じる『黒革の手帖』最終回の結末は、元子が警察から上手く切り抜けるというラストになっています。
米倉涼子版の『黒革の手帖』の結末と少し違いますね。

全く同じようにしてしまったら、面白みが半減してしまうかもしれないので予想を覆す形で良かったのではないかと思います!

また人気の大作なだけに注目されているのが、キャストの年齢設定ですね。

米倉涼子さん版の『黒革の手帖』と武井咲さん版の『黒革の手帖』ではどうしても年齢が何歳なのか違和感を覚える方もいるのではないでしょうか。

Sponsored Links

  黒革の手帖の米倉涼子の年齢設定は?

さて、気になる『黒革の手帖』の元子の年齢設定ですが、武井咲さんの場合実年齢も若い事から25歳と設定されていたようです。
確かに25歳ならギリかな・・という感じですね(笑)

銀座のママというイメージから武井咲さんはかなり若いですよね。
武井咲さんのその若さが今回の『黒革の手帖』の持ち味だったのかもしれません。

そして気になる米倉涼子さん版の『黒革の手帖』の元子の年齢設定ですが、29歳のようですね!

米倉涼子さんが演じた『黒革の手帖』は2004年に放送されたものですから当時、米倉涼子さんはだいたい29歳位だったので妥当ですね。

しかし米倉涼子さんの大人の女性感はその頃から凄まじいものがありましたね。

 - ドラマ, 女優 , , , , , , ,