小林麻央の誤診はなぜ?責任は問えないのか(ブログkokoroより)

      2017/07/01

Pocket

2017年6月22日、フリーアナウンサーで歌舞伎役者の市川海老層さんの妻・小林麻央さんが乳癌により旅立たれました。

小林麻央さんが旅立たれた事について、誤診があったのではないかという見方があります。
小林麻央さんのブログ「kokoro」で、誤診があった事を伺わせる内容の記載があったからです。

小林麻央さんは誤診だったのでしょうか。
だとすると、なぜ起きてしまったのでしょうか。

この記事では、小林麻央さんのブログ「kokoro」を検証しながら誤診について書いていきたいと思います。




Sponsored Links

小林麻央さんのブログ「kokoro」で誤診を匂わせる内容??

小林麻央さんは、人の事を悪く言わない自分の事よりも人の事を常に想う人柄で有名です。

それは小林麻央さんがテレビに写っている場面を観ていると、その人柄が伝わってくる事からよくわかります。

しかし、事実として小林麻央さんのブログ「kokoro」に誤診とも思わせる出来事が書いてありました。

2012年の2月に市川海老蔵さんが自身の健康を考えた事から人間ドックを受ける際に、付き添いで行ったのが小林麻央さんでした。

その時の結果で、市川海老蔵さんには何も問題はなかったのですが小林麻央さんの左乳房に腫瘤が発見されたのです。

小林麻央さんは医師に相談したそうですが、癌の可能性は五分五分であるという事から、大きな病院で診察を検査を受けるように促されたらしいです。

この時の医師の判断は間違っていなかったです。
では、なぜ誤診が起きてしまったのでしょうか・・

小林麻央さんは自身のブログ「kokoro」で誤診と思われるこの一連の出来事を書いています。
しかし、小林麻央さんは誤診だとは一言も書いてはいません。

その一連の出来事から私自身だけでなく、多くの方が疑問を感じたのではないでしょうか。

小林麻央さんの誤診を疑わせる医師の判断はなぜ起きてしまったのでしょうか・・

Sponsored Links

麻央さんは誤診だったのか??なぜ診察を見送った・・

小林麻央さんが市川海老蔵さんと人間ドックを受けた結果、大病院に再検査を予約した小林麻央さんでしたが、知り合いの二人の医師に相談したそうです。

その回答が「50%が癌の可能性というのはオーバー。授乳中のしこりなので半年後に診てみましょう」という事だったそうです。

これが誤診だったという事は、小林麻央さんもブログでハッキリは書いていませんが、明らかだと思いませんか??
半年後(厳密に言うと8ヶ月後)に検査した結果、乳癌だった事が判明したのですから。。

小林麻央が心霊写真に??楽屋で海老蔵の後ろであたたかい眼差し・・

人間ドッグの先生の見解を否定し、小林麻央さんの生検の提案も否定。

※生検とは、腫瘍に癌の疑いがある場合に細胞を採取して顕微鏡などで詳しく調べる事

これが後で取り返しのつかない事になった根本の原因だったのではないでしょうか・・

日常の忙しさで半年後と言われていた検査を忘れ、子供と触れ合っている最中に左乳房の違和感がパチンコ玉程になっていた事で愕然とした事は容易に想像出来ます。

小林麻央さんの尊い命は失われてしまいましたが、小林麻央さんが闘病中に始めたブログ「kokoro」には、同じように癌で苦しんでいる人たちへのエールのメッセージともとれる内容が書かれています。

小林麻央さんには、「一人でも多くの困っている人を助けたい・・」という想いがあったのは、市川海老蔵さんも仰っています。

この小林麻央さんのブログ「kokoro」で書かれている一連の出来事から学ぶ事は、「セカンドオピニオン」の重要性ではないでしょうか。

小林麻央の誤審はなぜ??責任は問えないのか(ブログkokoroより)

出典:http://tokyo7.firebird.jp/

残された家族がする事・・小林麻央さんが誤診だとしたら責任は??

癌は早期発見によって高い確率で治るという話は有名です。

小林麻央さんは早期発見出来たにも関わらず、8ヶ月発見が遅れた事により、更にその進行の速さから取り返しのつかない事になってしまったのではないでしょうか。

小林麻央さんの誤診をしたとみられる医師の責任はあるのでしょうか。
いや、もしこれが事実だとしたら責任はあると思います。

どんな形であれ、責任をとらせたところで小林麻央さんは戻ってきてくれはしないのですから、ご家族の気持ちは癒されるものではありません。

小林麻央の父親の職業と収入は?浮気で別居状態だった…

しかし、小林麻央さんが残してくれた事・そして伝えたかった事を考えると、やはりセカンドオピニオンは必要だと思います。

専門医の見解として、授乳中はよくしこりが出来る為に、乳癌だとしても見極めるのは極めて難しいそうです。

人間ドッグの先生が50%50%と言っていたのには、そういった意味合いがあったのではないでしょうか。

だからこそ、本人の意思もあったのですから生検などで詳しく調べていたらと思います。

残された海老蔵さん、麗禾ちゃん、勧玄くんは悲しみを抱えながらも前へ向かって歩み始めています。

これから更に苦難や、麻央さんを失った喪失感が押し寄せてくる事はたくさんある事でしょう。

しかし、それでも前に歩んで進んでいく事、麻央さんがしたかった事をしていくんだという海老蔵さんの想いを私達も応援したいと思います。

心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

 - 未分類